ユメノトビラ オフィシャルサイト

苦しみは私の永遠のテーマ

虫や植物、我々人間など、全ての生命において苦しみは付きまとうもの。

人は特に理性を持ち、自分でも他人であっても苦しみを感じ、少しでも受けてしまうと、それは重大な影響となってしまいます。

避けられればいいけれど、都合よくできない。

前もって苦しみを生み出す根源を排除しておきたい。

そういった心配をしたことは誰でもあると思います。苦しみが無ければ穏やかに暮らすことが出来ると思うのに。

そう思われるかもしれません。しかし、苦しみは必ずしも害悪とは限りません。

コンプレックスやハンディーキャップは我々の試練となって立ちふさがり、それらを乗り越えることで成長を獲得できるものでもあります。

生まれ持つ苦しみ。

病気のせいで満足に動けない。他人の悪い癖が気に入らない。

不服は常に付きまとうかもしれませんが、それらは我々人間を「人」という形に留めてくれる、なくてはならない存在だと思います。

出来ない事を手助けしてもらったり、過ぎた行動を食い止めたり。人とのつながりはそこで発生し、感動を得られるものです。

苦しみの存在。

これを知ったとしても、子供にはまだ理解できるものではありません。経験が少なく、視野はまだ開花していない。うまく説明できたとしても、苦しみを受け入れることなんてできないでしょう。

ではどうすれば解決できるのでしょうか。

それは、長く生きる事です。

複雑に絡み合った人類の思いは、一本のロープをたどったところで解決できるようなものではありません。様々なものを観て感じ、時には行動に移して実感し、情報を積み重ねます。そうすることで、今まで開かなかった扉が少しずつ開き、新しい自分が見えてくるはずです。

苦しみに立ち向かったり、時には逃げたり。

完全に取り払うために自分の命を絶とうとしたり。それも手の内かもしれません。しかしそれでは、なぜ自分が苦しみを受けてまで生まれて来たのか、わからないまま終わってしまいます。

生あるものに与えられる苦しみというテーマ。

これを解明するには、苦しみを知り、うまく付き合いながら生きてゆくことで答えへと近づき、全てがわかった時、我々は天国へ導かれ至高の幸せを手に入れることが出来るでしょう。

https://star-of-the-dream.amebaownd.com/posts/2853535

0コメント

  • 1000 / 1000